すべては映画のために! アルノー・デプレシャン発言集
すべては映画のために! アルノー・デプレシャン発言集
アルノー・デプレシャン
福崎裕子ほか
四六判/ソフトカバー/本文144ページ(内カラー8ページ)
1500円(本体価格・税別)
新宿書房
  ISBN4-88008-355-0 C0074
  ※品切れ
 
 
・・・書評
常に世界を挑発する映画監督アルノー・デプレシャンの日本で初めての発言集
黒沢清(映画監督)
「恋する時も、死ぬ時も、人はこうまでとんでもない裏事情をかかえているのか……ショックだった、あまりにも赤裸々で」(『キングス&クイーン』に寄せて)
青山真治(映画監督)
「世界はこんなにも生きにくいのだから、映画のなかではこんなことが起こるべきなのだ」(『すべては映画のために!』特別寄稿より)
『そして僕は恋をする』『エスター・カーン』など、時制もジャンルも国境も越えた大胆な映画作りで、世界を挑発し続けるフランスの映画監督アルノー・デプレシャン。5年ぶりに日本公開される最新作『キングス&クイーン』を記念して、映画ファン待望の日本で初めての「デプレシャン発言集」を刊行。 一本の映画を撮ることは、一本の映画について語ることでもある。常に新しい映画を撮り続けてきた、映画監督アルノー・デプレシャンのもうひとつの仕事、それは「映画について語ること」。いくつものショットを組み合わせるように、映画の中から「意味」をすくいあげ言葉でつなぎ合わせていく作業は、まるで映画の編集作業のようだ。
アルノー・デプレシャンの映画が生まれる瞬間にせまった『すべては映画のために!』は、『キングス&クイーン』とともに誕生した、もうひとつの「新作映画」である。アルノー・デプレシャンへ寄せた青山真治による特別寄稿「それでも映画は死なない」を収録。
■著者紹介/アルノー・デプレシャン
1960年、フランス生まれ。映画監督。『二十歳の死』(91年)で監督デビュー。『魂を救え!』(92年)がカンヌ映画祭に正式出品され絶賛を受ける。その後、パリの若者たちを描いた群像劇『そして僕は恋をする』(96年)や、ひとりの少女が女優へと成長するドラマを描いた『エスター・カーン めざめの時』(00年)などが日本でも公開され、大いに話題となった。
HOME刊行書籍一覧|すべては映画のために! アルノー・デプレシャン発言集|

図書出版・編集企画
港の人(みなとのひと:minato-no-hito)
〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-11-49・phone: 0467(60)1374・fAX: 0467(60)1375