header
『『言海』と明治の日本語』
『言海』と明治の日本語
今野真二
四六判並製/本文280頁
2,800円(本体価格・税別)
  ISBN978-4-89629-264-0 C3081
 
 
■本書の内容
日本初の近代的国語辞典『言海』(大槻文彦編)を手がかりに、明治期の日本語の姿を明らかにする。

◎気鋭の日本語学者・今野真二の最新刊。大好評『ボール表紙本と明治の日本語』に続く第4弾!
◎『言海』(明治24年刊)は、国語学者の大槻文彦が編集した、近代的スタイルをもつ日本で初めての国語辞典。本書は辞書マニア、『言海』ファン待望の本。
◎本書では、明治期に刊行された他の国語辞典や漢語辞書との比較対照も行い、『言海』の成り立ちやその性質をくわしく分析する。
◎『言海』をもとに明治期の日本語をとらえた、画期的な一冊。
■ 著者紹介
今野真二◎こんのしんじ
1958年、神奈川県鎌倉市生まれ。高知大学助教授を経て、清泉女子大学文学部教授。日本語学専攻。早稲田大学大学院博士課程後期退学。著書に『仮名表記論攷』(第30回金田一京助博士記念賞受賞)『書かれたことば』『二つのテキスト(上・下)』(以上、清文堂出版)、『文献から読み解く日本語の歴史【鳥瞰虫瞰】』『消された漱石 明治の日本語の探し方』(以上、笠間書院)、『振仮名の歴史』(集英社新書)、『文献日本語学』『漢語辞書論攷』『ボール表紙本と明治の日本語』(以上、港の人)、『百年前の日本語』(岩波新書)、『正書法のない日本語』(岩波書店)、『漢字からみた日本語の歴史』(ちくまプリマー新書)などがある。
HOME刊行書籍一覧|『言海』と明治の日本語|

図書出版・編集企画
港の人(みなとのひと:minato-no-hito)
〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-11-49・phone: 0467(60)1374・fAX: 0467(60)1375