『連作・志摩 ひかりへの旅』
連作・志摩 ひかりへの旅
稲葉真弓
A5判/上製本/カバー装/本文208頁
2,200円(本体価格・税別)
  ISBN978-4-89629-272-5 C0092
 
 
・・・書評
 
■本書の内容
詩人・作家の稲葉真弓、最新詩集。森羅万象のささやき、詩の恵み。

◎本詩集の世界を形づくっているのは、名作『半島へ』(谷崎潤一郎賞、中日文化賞、親鸞賞)の舞台ともなった志摩半島。
◎その土地を愛おしみ暮らす詩人は、春夏秋冬の四季おりおり、ゆたかな自然と交感し、ひかりとなって降り注いでくる詩の恵みを受け取る。
◎この詩集は、一瞬のひかり、そして百年のひかりがいっぱいいっぱいにふくらみ、みずみずしく滴っている「生命讃歌」の詩集である。時空を超えた森羅万象のささやきが心地よく耳に届いてくる。
◎ブックデザインは関宙明(ミスター・ユニバース)。青を基調に、あわくやわらかな空間に仕上げる。
■著者紹介
稲葉真弓◎いなば まゆみ
1950年、愛知県生まれ。詩集に2002年「母音の川」。志摩半島の世界をテーマとした作品に、09年「海(み)松(る)」(川端康成文学賞、芸術選奨文部科学大臣賞)、11年「半島へ」(谷崎潤一郎賞、中日文化賞、親鸞賞)等がある。ほかの主な作品に「蒼い影の傷みを」(女流新人賞)「ホテル・ザンビア」(作品賞)「エンドレス・ワルツ」(女流文学賞)「声の娼婦」(平林たい子文学賞)等。
HOME刊行書籍一覧|連作・志摩 ひかりへの旅|

図書出版・編集企画
港の人(みなとのひと:minato-no-hito)
〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-11-49・phone: 0467(60)1374・fAX: 0467(60)1375