『晩年にみる英米作家の生き方 モーム、ミラー、アップダイクほか15人の歩んだ道』
晩年にみる英米作家の生き方 モーム、ミラー、アップダイクほか15人の歩んだ道
江藤秀一
四六判/並製本/カバー装/本文278頁
2,300円(本体価格・税別)
  ISBN978-4-89629-280-0 C0023
 
■本書の内容
◎齢を重ねた英米文学の巨匠15人。晩年になってから花咲く人、頑張る人、恋する人、病気で苦しむ人……彼らの生き方は多くの魅力に満ちている。
◎各巨匠の歩みが、これから人生のゴールへ向かうすべての人のためのヒントとなる。高齢化時代の今だから読みたい、英米の代表的長生き作家の晩年に焦点をあてたユニークな評伝集。
◎児童文学作家のインガルス・ワイルダー、ノーベル文学賞作家のゴールディング、英国桂冠詩人のワーズワス、アメリカ現代文学を代表する作家のひとりアップダイクら、古典から現代にいたる英米文学の「長寿にして巨匠」のバラエティに富んだ15人を厳選、13の章で巨匠たちの晩年にせまる。
◎巻頭に取り上げた作家の生没地の地図、巻末に各作家に関する理解を深めるための参考文献リストも収載。
■本書に登場する15人の巨匠と主要作品
ローラ・インガルス・ワイルダー(「インガルス一家の物語」シリーズ)
ウィリアム・ゴールディング(『蠅の王』『後継者たち』)
ルーシー・マリア・ボストン(「グリーン・ノウ物語」)
ジェフリー・チョーサー(『カンタベリー物語』)
マーク・トウェイン(『トム・ソーヤの冒険』『不思議な少年』)
ジョン・アップダイク(『走れウサギ』『ケンタウロス』)
ウィリアム・ワーズワス(『叙情民謡集』『湖水地方案内』)
サミュエル・テイラー・コールリッジ(『老水夫行』『クリスタベル姫』)
ラルフ・ウォルドー・エマソン(『自己信頼』『自然について』)
サミュエル・ジョンソン(『英語辞典』)
トマス・スターンズ・エリオット(『キャッツ』『荒地』)
サマセット・モーム(『月と六ペンス』『諜報員アシェンデン』)
ヘンリー・ミラー(『北回帰線』『マルーシの巨像』)
ジーン・アイリス・マードック(『網のなか』『ジャクソンのジレンマ』)
ジョン・ベイリー(『作家が過去を失うとき―アイリスとの別れ』)
■編者(執筆者)紹介
江藤秀一◎えとう ひでいち
英文学者。筑波大学人文社会系教授。専門は18世紀イギリス文学、イギリス文化。編著書に『英国文化の巨人 サミュエル・ジョンソン』ほか。
■執筆者紹介
青山加奈◎あおやま かな
日本大学生物資源学科非常勤講師/専門:19、20世紀イギリス小説
相原雅子◎あいはら まさこ
白百合女子大学文学部非常勤講師/専門:20世紀イギリス文学
安藤 聡◎あんどう さとし
大妻女子大学比較文化学部教授、博士(文学)
専門:イギリス小説、児童文学、イギリス文化史
大木理恵子◎おおき りえこ
白百合女子大学キリスト教文化研究所所員/専門: アメリカ文化、アメリカ文学
大和久吏恵◎おおわく りえ
日本女子体育大学准教授/専門:英語教育、イギリス児童文学
木原文子◎きはら ふみこ
関東学院大学非常勤講師/専門:エリザベス朝演劇
木村聡雄◎きむら としお
日本大学教授/専門:中世英文学、比較文学
白石治恵◎しらいし はるえ
酪農学園大学農食環境学群准教授/専門:イギリス・ロマン派文学(P. B. Shelley)
鈴木章能◎すずき あきよし
長崎大学教育学部教授、蘇州科技大学外国語学院客員教授、博士(英文学)
専門:アメリカ文学、比較文学
瀬上和典◎せのうえ かずのり
東京家政大学非常勤講師/専門:19世紀アメリカ文学
林 惠子◎はやし けいこ
東京成徳大学人文学部非常勤講師/専門:20世紀アメリカ文学・文化
山田利一◎やまだ としかず
岐阜市立女子短期大学国際文化学科教授、博士(文学)/専門:比較文学・比較文化
HOME刊行書籍一覧|晩年にみる英米作家の生き方 モーム、ミラー、アップダイクほか15人の歩んだ道|

図書出版・編集企画
港の人(みなとのひと:minato-no-hito)
〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-11-49・phone: 0467(60)1374・fAX: 0467(60)1375