『高野山大学図書館蔵 節用集』
本書の詳細

戻る
■「解題」木村晟より
spacer
 ここに採り挙げる高野山大学図書館蔵『節用集』(写本二冊)は謂はゆる「永禄二年本」類に属する一本である。室町時代末期の写本で『尭空本』や『経亮本』と同様に、零本ではなく完本であり、「節用集」研究上洵に賞づべきテクストである。高野山大学図書館に収蔵される以前は高野山の霊宝院の蔵書であった。上下各冊の第一紙(上冊は表紙が欠落するので本文第一丁表、下冊は表紙)に「霊宝院蔵書」のラベル「字彙部/第十五函/共二冊」が貼られてゐる。縦二八センチ、横一九・八センチ。上冊の墨付は七一丁、下冊の墨付は六一丁にて、上冊は[伊部]~[久部]、下冊は[屋部]~[須部]となってゐて、[為部][於部][恵部]には本文は存せず、それぞれ[以部][遠部][江部]に統合されてゐる。部類(門)は一二門が基本である。
spacer
 
■目次
spacer
発刊の辞(近藤聖欣)
高野山大学図書館蔵 節用集 本文と解題(木村 晟)
編輯後記(木村 晟/片山晴賢)
spacer

図書出版・編集企画
港の人(みなとのひと:minato-no-hito)
〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-11-49・phone: 0467(60)1374・fAX: 0467(60)1375