『読むことの系譜学 ロレンス、ウィリアムズ、レッシング、ファウルズ』
読むことの系譜学 ロレンス、ウィリアムズ、レッシング、ファウルズ
近藤康裕
四六判/上製本/カバー装/本文252頁
2,600円(本体価格・税別)
  ISBN978-4-89629-285-5 C0098
 
■本書の内容
作家たちは近代といかに向きあったのか――。
言葉をとおして世界にかかわり、近代の諸問題に取り組もうとした20世紀イギリスの作家たち――D. H. ロレンス、レイモンド・ウィリアムズ、ドリス・レッシング、ジョン・ファウルズ――の批評意識を、「読むことの系譜」から明らかにする。
それは、文化と社会の根本にかかわる近代の「長い革命」(ウィリアムズ)のひとつの系譜でもあるのだ。新鋭の英文学者の初めての著作であり、渾身の英文学評論。
■著者紹介
近藤康裕(こんどう・やすひろ)
1980年、宮崎県に生まれる。2010年、一橋大学大学院言語社会研究科博士後期課程修了。博士(学術)。現在、慶應義塾大学法学部専任講師。共著に『愛と戦いのイギリス文化史 1951-2010年』(慶應義塾大学出版会、2011年)、『文化と社会を読む 批評キーワード辞典』(研究社、2013年)。共訳書にトニー・ジャット『失われた二〇世紀』(NTT出版、2011年)、レイモンド・ウィリアムズ『共通文化にむけて――文化研究I』(みすず書房、2013年)。
HOME刊行書籍一覧|読むことの系譜学 ロレンス、ウィリアムズ、レッシング、ファウルズ|

図書出版・編集企画
港の人(みなとのひと:minato-no-hito)
〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-11-49・phone: 0467(60)1374・fAX: 0467(60)1375