『金沢の昔話と暮し、ならわし 『冬夜物語』の世界』
金沢の昔話と暮し、ならわし 『冬夜物語』の世界
鈴木雅子
A5判/並製本/カバー装/本文224頁
1,800円(本体価格・税別)
  ISBN978-4-89629-276-3 C0095
 
■本書の特色
明治の末頃、ある少年が、北陸・金沢の冬の夜に祖母が語る、武士の家庭に伝えられた昔話を記録した。その手書きの本が『冬夜物語』である。本書は、加賀方言が豊かに盛られた本文を翻刻し、丁寧にわかりやすく解説した。原本に描かれたユーモラスな挿絵(カラー)もおさめ、『冬夜物語』の世界を楽しくいきいきと蘇らせた。
さらに金沢の市井にのこされた昔話やわらべ唄、となえ言葉、諺、食べ物などをまとめ、かつての人々の心にあった物語世界を再現。そこに立ち現れる時代や風俗、人々の暮らしを読み解く。
■著者紹介
鈴木雅子◎すずき まさこ
一九二八年東京生まれ。旧制東京大学文学部卒。石川郷土史学会会員。江戸時代の言葉を研究する一方、故郷金沢に伝わる昔話や加賀方言などを丹念に掘り起こし、郷土史に力を注ぐ。著書に、『金沢のふしぎな話 「咄随筆」の世界』『金沢のふしぎな話Ⅱ 「続咄随筆」の世界』(いずれも港の人)、『安永九年 当世阿多福仮面 本文と総索引』(共編著、港の人)など。
HOME刊行書籍一覧|金沢の昔話と暮し、ならわし 『冬夜物語』の世界|

図書出版・編集企画
港の人(みなとのひと:minato-no-hito)
〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-11-49・phone: 0467(60)1374・fAX: 0467(60)1375