『金沢の昔話と暮し、ならわし 『冬夜物語』の世界』
本書の詳細

戻る
■「はじめに」より
spacer
 明治41年(1908)の末から42年の初めにかけて、金沢に住む当時15歳(満14歳)の少年が、幼い妹に聞かせる祖母の昔話に興味を持ち、それを言葉のままに筆記して1冊の本とし『冬夜物語』と名づけた。12月1日に祖父が亡くなり、多分その後始末も一段落した12月半ばから、翌年2月にかけて、毎夜聞いた話だったので、冬の夜の物語という意味でつけた題名であろう。だから「ふゆのよものがたり」と読むのだろうと思う。
 雁皮で漉いた画仙紙らしい紙の、縦16センチ、横10.5センチの小さい本で、当時のことだから墨でこまごまと書き記し、文字の誤りも少しはあるものの、さし絵も入れ、前書き・後書きもきちんとつけた、少年の著作としてはそれなりに立派な本である。
 著者は平成3年(1991)、97歳で亡くなった私の父・森田良雄である。
 はじめてこの書を目にした昭和60年頃、私はいろいろの事を考えた。一つは、天保生れの祖母の話を、語りのままに書きとめたものだから、今日では忘れられてしまったような珍しい話もあるのではないか。あるいは又、語り継がれている話であるとしても、細部にいろいろと違う点が見付かるのではなかろうか。それと当時の加賀方言が反映されているのではないだろうか、という事。もう一つは、それまで出版されている加賀の昔話は、農山村に伝えられてきた話が多いようだが、これは下級武士であるとはいうものの、武士の家庭に伝えられてきた話であるという事、などであった。柳田國男が『遠野物語』を出版した明治43年(1910)より前にまとめられたということも、民俗学的には意味があるのではないかとも思われて、私は当時93歳の父の長寿記念として出版してあげたいと思ったのだが、余りに小冊だったので、85歳になる母の覚えている昔話や、わらべ唄・はやし言葉・諺とかも合せて載せることにした。(後略)
spacer
 
■目次
spacer
はじめに
第一部 天保生れのおばあさんの昔話『冬夜物語』
一、天保生れのおばあさんの昔話『冬夜物語』
昔の歌
父さんの幼時(おばあさんの話)
第一話 なまけ者の話
第二話 意地悪婆の報い
第三話 えっとこ
第四話 長い名の坊ちゃん
第五話 蛙の嫁さん
第六話 塀越しの花(鼻)は切ってもつかえんもんじゃ
第七話 柿のたねの化け
第八話 かかあの風鈴こりゃ妙じゃ
第九話 うなぎの香
第十話 ふし穴
第十一話 猫の出火
第十二話 猿と蟹
第十三話 フーフーバイバイ
第十四話 ゆう味噌
第十五話 猿の睾丸ぬらいても お地蔵さんの睾丸ぬらさん
spacer
二、この本の生れる背景──森田家の系譜
三、各説話のあらすじと特徴
spacer
第二部 明治生れのおばあさんの昔話
四、明治生れのおばあさんのこと
五、明治生れのおばあさんの昔話
第一話 四十雀カラカラカラ
第二話 かかみせどころ
第三話 ちょうずを回せ
第四話 南京鉢か京鉢か(だら聟さん)
第五話 馬の尻に花生け(だら聟さん)
第六話 どっこいしょ(だら聟さん)
第七話 あじない、さばいらんけ(だら聟さん)
第八話 ねんねみたいな嫁さん
第九話 飯くわん嫁さん(食わず女房)
第十話 かみそりのばけ(和尚と小僧)
第十一話 切ってよかろか切らずにおこか(和尚と小僧)
第十二話 くろうどんべり、うまそうなもんじゃ(和尚と小僧)
第十三話 くわんくわん、くたくた(和尚と小僧)
第十四話 ふうふう、ぱいぱい(和尚と小僧)
第十五話 きゅうくつ、きゅうくつ
第十六話 蓮のうてな
spacer
六、各説話のあらすじと特徴
spacer
第三部 金沢の暮し・ならわし・わらべ唄など
七、明治のわらべ唄・はやり唄・となえ言葉など
八、金沢の風習、しきたり
九、明治の暮し。学校・遊び・食べ物その他
十、方言いくつか
spacer
第四部 文久生れのおじいさんの日記から
十一、明治・大正時代の珍しかった「もの」たち
spacer
附 引用・参考とした古書
おわりに
spacer

図書出版・編集企画
港の人(みなとのひと:minato-no-hito)
〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-11-49・phone: 0467(60)1374・fAX: 0467(60)1375