『フィラメント』
本書の詳細

戻る
■本詩集「武蔵野」より
spacer
そうして私たちは
ゆっくりとした爆発のなかにいた。
恍惚とした瞳を集め
胸がいっぱいになるまで
雨は降り続き
病めるときも
健やかなるときも
不純だろうとなんだろうと
雨に打たれ

やがて
雨粒のひとつひとつが
時となって静止すると
光までもが静止して
あなたの憂いた瞬きが
長い物語を語り始める。
spacer
 
■目次
spacer
日常
レモン
日曜日
酷暑
黄金色の海
冬ごもり
コップ
武蔵野
未明のひと
晴れの日
松ぼっくり
帰れないふたり
回想
spacer
HOME刊行書籍一覧フィラメント|本書の詳細|

図書出版・編集企画
港の人(みなとのひと:minato-no-hito)
〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-11-49・phone: 0467(60)1374・fAX: 0467(60)1375