header
『幕末日本「英学史」散歩 蘭学から英学へ』
幕末日本「英学史」散歩 蘭学から英学へ
堀孝彦
A5判/並製本/カバー装/本文168頁
1,800円(本体価格・税別)
  ISBN978-4-89629-304-3 C0026
 
■本書の特色
◎幕末維新期に活躍した洋学者などの人物を紹介、顕彰するために墓碑、石碑、史跡をめぐり案内した東京歴史散歩(地図付き)。
◎激動の幕末日本、学問の中心は蘭学から英学へ移っていく。英学史の視点から浮かび上がる重要人物、史跡を紹介したユニークな東京歴史散歩。
◎英学史とは何か。英学史という学問を知るための恰好の入門書。

■本書に登場するおもな人物
高橋景保、馬場佐十郎、ペリー、シーボルト、ハリス、緒方洪庵、古賀謹一郎、森山多吉郎、堀達之助、名村五八郎、吉田松陰、柳河春三、福沢諭吉……

■本書で紹介するおもな史跡
蘭学の泉碑、慶應義塾発祥の地碑、浅草天文台跡、長崎屋跡、蕃所調所跡、伝馬町牢屋敷跡……

■著者紹介
堀孝彦◎ほり・たかひこ
1931年生まれ。1954年、東京大学文学部倫理学科卒業。1961年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程倫理学専攻単位修了。現在 名古屋学院大学名誉教授。本書で紹介されている堀達之助の子孫。
著書
『近代の社会倫理思想』青木書店 1983年
『英和対訳袖珍辞書の遍歴』(共著)辞游社 1999年
『英学と堀達之助』雄松堂出版 2001年
『日本における近代倫理の屈折』未來社 2002年
『私注「戦後」倫理ノート 1958-2003』港の人 2006年
『大西祝「良心起原論」を読む』学術出版会 2009年
『解読「英和対訳袖珍辞書」原稿』(共編著)港の人 2010年
『開国と英和辞書』港の人 2011年
『近代倫理学生誕への道 民主主義の倫理と日本』未知谷 2014年
HOME刊行書籍一覧|幕末日本「英学史」散歩 蘭学から英学へ|

図書出版・編集企画
港の人(みなとのひと:minato-no-hito)
〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-11-49・phone: 0467(60)1374・fAX: 0467(60)1375