『山東京伝 善玉/悪玉 心学早染草 本文と総索引』
山東京伝 善玉/悪玉 心学早染草 本文と総索引
A5判/上製本/本文288ページ/函入
7,400円(本体価格・税別)
  ISBN978-4-89629-311-1 C3095
 
■本書の特色
◎黄表紙『心学早染草(しんがくはやそめぐさ)』(寛政2年)は江戸時代を代表する戯作者、山東京伝(さんとう・きょうでん 1716~1816年)によって書かれた滑稽本。当時大流行していた心学の教えを説いた教訓物として読まれていた。
◎黄表紙とは、洒落と風刺に特色をもち、絵を主として余白に文章をつづった大人向きの絵物語のこと。『心学早染草』に登場する丸の中に善、悪と書いた顔にふんどし一つの善玉、悪玉のキャラクターが好評で、善玉・悪玉の話は当時大いに流行し、現代にいたるまで用いられている。
◎本書では、稿本の影印と、詳細な注釈、校異をつけた翻刻本文、総語彙索引を収録。江戸の生活の実態を想像しやすいものとした。
◎挿絵の世界には当時の江戸の暮しぶりが読み取れ、本文では近世社会で使われていた言葉づかいを知ることができる。近世語の一端を明らかにした一冊。

■著者紹介
鈴木雅子◎すずき・まさこ
1928年 東京生まれ。東京大学文学部(旧制)卒業、同大学院国語学専攻。著書『金沢のふしぎな話 「咄随筆」の世界』『金沢のふしぎな話Ⅱ 「続咄随筆」の世界』『金沢の昔話と暮し、ならわし 「冬夜物語」の世界』『安永九年 当世阿多福仮面 本文と総索引』(港の人)。共編『宝暦二年 当世下手談義 本文と総索引』(青簡舎)。
HOME刊行書籍一覧|山東京伝 善玉/悪玉 心学早染草 本文と総索引|

図書出版・編集企画
港の人(みなとのひと:minato-no-hito)
〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-11-49・phone: 0467(60)1374・fAX: 0467(60)1375