header
『エリザベス・ビショップ  悲しみと理性』
エリザベス・ビショップ  悲しみと理性
コルム・トビーン
伊藤範子
四六判変型/上製本/本文280頁/カバー装
1,800円(本体価格・税別)
  ISBN978-4-89629-363-0 C0098
 
アイルランドの人気作家、コルム・トビーンが、アメリカの詩人、エリザベス・ビショップの作品と生涯を辿る、詩的な文芸エッセイ。

エリザベス・ビショップは、20世紀アメリカにおいて最も優れた詩人の一人であり、その作品は今も多くの人に愛され、また近年はセクシュアリティの面からも注目を集めている。両親や恋人の死など苛酷な喪失体験を抱えながら、その悲しみや痛みを抑制された精密な詩として構築し、寡作ながら、発表したどの作品も高い評価を受けた。 アイルランドの作家、コルム・トビーンは、本書においてビショップの人生と作品をていねいに繙き、詩の言葉にこめられた詩人の感情と思索の遍歴を辿るが、それは、語られなかったこと、詩に隠された偉大な沈黙の姿を浮き彫りにすることでもあった。トビーン自身の内部にある孤独や葛藤が、ビショップの詩の底を流れる絶対的に孤独な魂のありようと響き合うとき、人生の悲しみは普遍化され、文学へと通じる道となる。ビショップの詩や書簡の言葉を散りばめたこの美しいエッセイは、詩が照らし出す希望へと私たちを誘う。
■詩人紹介
エリザベス・ビショップ
1911─1977。アメリカの詩人。1956年のピューリッツァ賞、70年の全米図書賞など、数多くの賞を受賞。マサチューセッツ州、キー・ウェスト、ブラジル、ボストンなど居を移しながらも、同時代の詩人たちと交流をもち、当時の詩をリードする一人として活躍した。
関連書に『エリザベス・ビショップ詩集』(土曜美術社)、『めずらしい花、ありふれた花』(水声社)など。
■著者紹介
コルム・トビーン  Colm Tóibín
1955年生まれ。映画「ブルックリン」の原作小説などで知られる、いま最も人気のあるアイルランドの作家。
おもな邦訳書に『ヒース燃ゆ』『ブラックウォーター灯台船』(ともに伊藤範子訳、松籟社刊)、『マリアが語り遺したこと』『ノーラ・ウェブスター』(栩木伸明訳、新潮社刊)、『ブルックリン』(栩木伸明訳、白水社刊)がある。
■訳者紹介
伊藤範子 いとうのりこ
1944年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業、名古屋大学大学院博士過程中退。帝塚山大学名誉教授。専攻はアイルランド文学。
おもな著書に『近・現代的想像力に見られるアイルランド気質』(共著、渓水社刊)、『文学都市ダブリン ゆかりの文学者たち』(共著、春風社刊)、おもな訳書にコルム・トビーン『ヒース燃ゆ』『ブラックウォーター灯台船』(松籟社刊)、ブライアン・ムーア『医者の妻』(松籟社刊)などがある。
HOME刊行書籍一覧|エリザベス・ビショップ  悲しみと理性|

図書出版・編集企画
港の人(みなとのひと:minato-no-hito)
〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-11-49・phone: 0467(60)1374・fAX: 0467(60)1375